読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すもももももも

新規ブイオタが取り留めもなく語りたいことを語るブログ。

Broadway Musical 『ON THE TOWN』 -カーテンコール-

私が行った以下の日にちについて、カーテンコールの模様などのレポを残します。

9/30 夜公演
10/9 夜公演(ひろしの日)
10/12 昼公演
10/13 昼公演(真飛さんBirthday)

 

ただし、カーテンコールの回数の数え方が合っている自信がないので、以下に合わせて読んでいただくと幸いです。 

9/30 夜公演

グランドフィナーレ

フィナーレを迎えると全てのキャストが一度捌け、軽快な音楽が流れ始めます。
まず始めに男性アンサンブルの方々が両サイドからいらっしゃってお辞儀。
続いて女性アンサンブルの方々が現れて、軽やかに舞い、
その後マダム・ディリー、ピットキン、ルーシーの3人がいらして舞台中央でお辞儀。
バックミュージックの曲調が変わり、一層軽やかな曲になると、
舞台下袖からクレア、アイビィ、ヒルディの女性陣がやってきて一人ずつお辞儀をします。
そして、最後。
バックミュージックがゆっくりで穏やかな曲調になると、
舞台上奥からオジー、ゲイビー、チップの3人がやってきて、中央を通りそれぞれお辞儀をします。
上から緞帳が降りてきて、客席を見回しながら手を振るキャストの方々。
この時のチップ(長野くん)の手の振り方が、胸元で両手をひらひらさせてお手振りするのですが、とてもロイヤルで美しいのです...。
これで本編は終了になります。

1回目

幕が上がると、幕が降りる前と同じ状態でいらっしゃったキャストの方々。
まず、アンサンブルとマダム、ピットキン、ルーシーの方々を前に並ばせて、
アンサンブルの方々がご挨拶、そしてマダム、ピットキン、ルーシーがお辞儀。
そしてプリンシパルのキャストが前列へ移動し、まず女性陣が一人ずつお辞儀したのち、トニセンが一人ずつお辞儀します。
この、プリンシパルが前列へ移動する時ですが、マダムと坂本くんは丁度向かい合って位置を変更しなくてはいけませんでした。
そのため、この日だけに限らず、いつもマダムは胸元を抑え、小さな声で
「どこ見てんのよ!」
と坂本くんにふっかけ、坂本くんも申し訳無さそうな表情をしていました。(笑)

そして、ここで舞台下手へ捌けていくのですが、プリンシパルの方々はそれぞれペアで、男性陣は左腕を差し出し、女性陣はそれに右手を添えて、トニのエスコートで優雅にはけていきました。

緞帳は降りること無く、暗転して一区切りです。


2回目

その後、トニセンのみ現れて舞台中央にて、井ノ原くん、長野くん、そして坂本くんの順番でお辞儀をします。
お辞儀にも、ダラーンと手をさげたままお辞儀をする井ノ原くん、
一度小さく広げた手を太ももに手を当てて、お辞儀をする長野くん、
体の前で両手をつないで、その手を体につけながらお辞儀をする坂本くんと
個性が出ていました。
そして、上からワインレッドの緞帳が降りてきて終了となりました。

 

10/9 夜公演

3回目
9/30の2回目まで終了した後、終わらない拍手。
だんだん会場の拍手のペースが一定になり、催促の拍手に。
しつこく催促の拍手を続けていると、幕がポンポン揺れ始めた。
すると、幕の間が大きく開いて、トニセンが幕の前へ!

井ノ原くん、長野くんと順にお辞儀をして、
坂本くんが「今日はありがとうございました!」
とお辞儀をして、そして開いた幕の間に井ノ原くんから順に捌けていきます。
そして、長野くんが幕の間に来ると、立ち止まり、
一人幕の間から半身だけ出して右手で手を降ってて!
これがものすごく可愛かったのです!
そして幕の間にはけて行きました。

4回目
それでもしつこく粘り強く拍手を続けていた観客。
すると、緞帳が上がり、トニセンの3人が舞台中央で立っていました。
そして、キャストの皆さんを袖から呼ぶ坂本くん。
キャストが勢揃いて、キャスト全員でお辞儀をした後。
中央にいた坂本くんが、上手側にいた長野くんの後ろへ回り、両肩を掴み、そっと中央へ促しました!
より一層盛り上がる観客。
中央ですこし照れくさそうに、ちょっと気まずそうに、にこにこ笑っている長野くん。
長野くんがお辞儀をすると、観客はより大きく拍手をしました。
拍手が落ち着いたのち。照れくさそうに一息笑った長野くん。
「嬉しいね。」
と観客に語りかけるようにぽつり。
「お昼の公演でも祝って頂いて、幸せです。本当に、ありがとうございます。」
すると、下手側にいた井ノ原くんがちょっと偉そうなポーズになって
「せっかくだから...」
と言い始めた途端、緞帳が下がり始めるハプニング。
大爆笑と「えー?!」というブーイングが響き渡る客席。

これにて4回目のカーテンコール完!です!!

 

5回目

先程幕が下がったのと同じポーズで佇んでいた井ノ原くん。
長「今のは何だったんですか?」
井「全て計算のうちだから!わかってるよ!
  わ、わか〜るよ〜♪(ピットキンの歌)」

お?!これは?!と長野くんと井ノ原くんの後ろで立っていたピットキン役の青山さんへ期待の眼差しを向ける2人。
井「分かりますよね?!」

青山さん「わか〜るよ〜♪」
本物に観客大盛り上がり。
井「それで、なんだっけ?おた...?おた?」
長「え?え?」
井「お誕生日?せっかくですからね、お誕生日の歌を長野さん歌って...。この舞台は翻訳ものなので、日本語で!」
困惑する長野くん。全て疑問形で小首をかしげながら

長「お誕生日...おめでと? お誕生日...おめでと?
お誕生日...おめでと、俺? お誕生日、おめでと〜♪」
歌いきってくれました!そして、再び一礼する長野くん。
幕が下がり始めたトコロ、再び何かを言いかける井ノ原くん。(天丼)
他のキャストの皆さまが手を降ってくださる中、長野くんは降りる幕と一緒に徐々に体を小さくして、最終的には地べたに寝転んで手を降ってくれましたー!!
そして、私はずっと長野くんしか見えてなかったのですが、一緒に入ってた子によると、この一部始終を坂本くんは優しい笑顔でずーっと長野くんを見守っていたそうです!完!

 

10/12 昼公演

 この日はグランドフィナーレの最後、幕が降りる時。
幕が降りるのに合わせて頭から順に足までぶるぶると震わせてた井ノ原くん。
その一方、長野くんとロイヤルで美しく、坂本くんは嬉しそうにお手振していたのに。笑

そしてカテコ1回目の幕が上がると、井ノ原くんは幕が上がるのにあわせて今度は足から順にぶるぶると震わせていました。
更に、袖にはける時、はける寸前で一度止まるオジーとクレアペア。
何事かと思っていたら、体をブルブルと体をふるわせながらはけていく井ノ原くんと、それに合わせて一緒にブルブルと体をふるわせてはけていく樹里さんでした。笑

2回目のカテコが終った後。
3回目のカテコも出てきてくださって!
流れは大体9日と同じですが、最後長野くんが幕の間に捌ける時。
幕の間に立つのではなく、その手前で両足を大きくひらいて、どしっと立ち、
右手を大きく左右に降ってましたー!(非常にかわいい)
その後も拍手を続けていたら、幕が上がって4回目のカテコが。
坂本くんが「本当にありがとうございました!」から一言いただいて、深くお辞儀をするトニセン。
そして幕が降りるまでまで、会場全体を見回しながら手をふるトニセンでした。

 

10/13 昼公演

この日は劇中にハプニングがあったので、それも合わせてレポを。

事件はオジーとクレアの博物館のシーン。
「夢中になるの」の曲中に起こりました。
1サビが終って、クレアが歌って、オジーのターン。

「行っていけないのはバーゲンセール
 余りにも安くなってて あれもこれも欲しくなって
 しまいにゃお店を開けるほどさ!」
(大体の台詞の流れはこんな感じでした)

本来ならばこの様な歌詞だった部分がすぽんと抜け落ちた井ノ原くん。
踊りも全て飛んでしまったようで、手の行き場を無くしてその場に硬直していました。
思わず肝が冷えて息を飲む私。
それを見て、思わず拍手が会場から上がります。
そして、曲に合わせて手拍子が起こるも、とても歌いづらそうですし、更にテンパってくるくる回り出す井ノ原くん。
すると、後ろで素早く察した樹里さん。
樹里「あなた、バーゲンセール!バーゲンセールに行くのよ!」
井「...!よくつなげてくれたね...!」

その後、サビから無事に元に復活しました。笑
その直後の坂本くんのソロでは、この空気を払拭するためでしょうか。
この日が一番遠くの2階席からの観劇だったのですが、今までで一番会場を震わせる声を発揮していて、心の底から震え上がりました。
とてもめずらしい、貴重な経験をさせて頂きました。

(幕間で、東京ラス3でこんなミスがあるって、もしかしてカミセンの誰か来てるのかもねー、なんて連れに言われて、まさか。と思っていたらそうだったんですね(笑)
三宅くんの観劇にテンパってしまう井ノ原くん。
トニタン(HONEY HONEY HONEYの特典)でもカミセンがくると緊張する、と言ってましたが、そういう属性なんでしょうか。同じグループなのに(笑))

 

それを受けてのカーテンコールです。

グランドフィナーレでの幕が降りる時、今回も井ノ原くんが硬直していて何かがおかしい。
すると、突然腕をぴんと手前に伸ばしてそのまま左右にブンブン振りました。
まるで、おもちゃの人形みたい(笑)
1回目のカテコで幕が上がった時も、同じポーズで手をブンブンさせていました。
更に、クレアと一緒にはけるときも、2人して一緒にブンブンとぴんと伸ばした手を大きく振りながら捌けていきました(笑)

3回目のカーテンコールでは、井ノ原くんが右手をくるくる上げた後に王子様のようなエレガントお辞儀をして捌け、そして長野くんは完全に幕の間に一端消えた後、ひょこっと半身だけ戻して笑顔で手を降って捌けていきました。
しかし、その日は図らずも真飛さんの誕生日。
この日も3回目のカーテンコールの後、会場の拍手が鳴り止まず、次第に会場一体の催促の手拍子に。
すると、再度幕が上がりました!
トニセンだけが舞台中央に立っていて、そして坂本くんが他のキャストを呼びます。
その時、本当に
「ひゃっほーーーう!!」
と言わんばかりのテンションで出てくる男性アンサンブルの方々が凄く楽しそうで可愛かったです!
しかし、あれ?マダムが足りない?
全員が揃った後、マダムがケーキが乗った台車を押してステージへやって来ました。
スマートに真飛さんを中央へ案内する坂本くんの手前で、
シナを作って「私?わたし?」と3回位しつこくアピールする下手側の井ノ原くんに、
井ノ原くんが下がった後に同じように「私?」とアピールする長野くん(笑)
井ノ原くんに「お前はこの前やっただろ!」って突っ込まれて、笑いながら下がってました(笑)
そして、ケーキに気付くイノ長。
井「あれ?これローソクに火が付いてないよ?」
長「あれ?ローソクの本数少なくない?」
といちゃもんをつけ始めました(笑)
長「5本?少なくない?」
に対して誰かが「年齢は!年齢は!(言わないって!)」と抑えていたのにも関わらずw
長「(真飛さんへ)なんじゅう5さい?」
長野くん、女性の敵である(笑)
これに対し、真飛さんが両手の人差し指をクロスして、口の前につけて「しーっ!」ってやっていたのがすごくすっごく可愛かったですよ!
そして、それを真似して口の前でクロスする長野くんもかわいかった...。
加えて、
井「誕生日なんで歌って下さい!火点いてないけど、点いてるテイで最後のところ(吹き消す)まで」
と、真飛さんに一人でバースデーソングを歌わせることにw

真飛「ハッピバースデー、トゥー、ミー? ハッピバースデー、トゥー、ミー?
   ハッピバースデー、ディア、私? ハッピバースデー、トゥー、ミー?」
と戸惑いながら歌いきった真飛さんは、エアでローソクも吹き消しました!
可愛かったー!!
キャストも観客も盛大な拍手でお祝いをした後。
坂「今日は一部スペシャルバージョンでお届けしました!」
張本人の井ノ原くんは、またもやエレガントな王子様お辞儀をして、そして幕が下がりました。